「濃尾(=Now Be)平野」拠点。朗読者・俳優・演劇制作者「ニシムラタツヤ」のサイト「NowBe!Engine(ナウビーエンジン)」です

previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider

 

【回覧板】

①「第11回 青空文庫朗読コンテスト」出場決定!

昨年の第10回では銀賞をいただいた同コンテスト、今年も縁あって参加させていただくことになりました。11月24日、大阪市青少年センターホール(ココプラザ=写真)にて開催です。今回も錚々たる顔ぶれの中で、さあ鬼が出るか蛇がでるか?一般の方も観覧いただけます。詳しくはコンテスト公式サイトをご覧下さい。

②「朗読会拓使」名古屋⇔福岡  終了しました!

昨年は名古屋と札幌を結んだ「朗読会拓使」。今年は一路針路を西にとり、名古屋市と福岡市を10月、11月で結びました。ご来場ありがとうございました!当日の模様を近日公開いたします。しばらくお待ちください。今回の概要は上の画像をクリックしてご覧下さい。

③柳ヶ瀬での「朗読濃尾(ノーヴィ)」開催中です!

岐阜・柳ヶ瀬商店街での『朗読濃尾(ノーヴィ)』日ノ出町の新店舗で始まっています。次回通算第118回目は

11月30日(土)午後6時30分頃からです。

山本周五郎「十目十指(じもくじっし)」を読みます

移転先は変わらず柳ヶ瀬商店街の中です。ロイヤルビルから北に入った、「岐阜市日の出町1−7」(地図)です。お待ちしております!詳しくはこちらへ。

④「俊読2019」に参加してきました。

5月26日(日)札幌狸小路の「Cafe&Bar Fiesta」で開催された、詩人・谷川俊太郎さんのトリビュートイベント『俊読2019』に参加しました。当日の模様は朝日新聞デジタルで紹介されており、以下のURLからご覧になれます(6月22日現在)。ぜひご覧下さい。また、上の写真をクリックすると該当の「活動日報」ページにジャンプします。

その名も「俊読」開催 谷川俊太郎さんの詩、自由に表現:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM5X7GBLM5XIIPE030.html

========================================================

★クリックすると特設ページ等へ移動します★

========================================================

風の吹き抜ける場所・2

2017年、サイト開設から15周年を迎えたことを機に、大幅なリニューアルを開始しました。ようやく見られる体裁になりましたので公開いたします!上のメニューからどうぞ。

トップにもある、下の写真は2016年の晩夏、名鉄岐阜駅前の交差点、いわゆる長住町の横断歩道から撮った岐阜市中心部の様子です。岐阜での朗読を始めて7年目にはいった頃ですが、思えば毎回なんとか切り抜けることしか頭にはないのは変わっていないなあ、と。

それからまもなく1年半。阪神・淡路大震災から23年、東日本大震災からもあと2ヶ月で7年です。

人生は有限。もしかするとこの文章を書き終えた翌日に私の人生は終わりを迎えるかもしれない。それを心から思い知らされて、気がつけば41。びっくりするほど自然に、そういう心境が頻繁に去来するようになりました。

とうの昔に気付いていたことを、鬼才・寺山修司がかつて遺したこの言葉を拝借して改めて記しておこうと思います。

「振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない」(「さらばハイセイコー」)

どんなにささやかで取るに足らない成果であろうがなかろうが、できる限りのものを背負いつつ、「声で画を描(か)く」朗読、演劇を主とした舞台芸術の地域間交流に、これからも取り組んでまいります。

本サイトをご覧の皆さまにも、今後とも一層のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げる次第です。よろしくお願い申し上げます。

AfroWagen  ニシムラタツヤ

【2017.2.1記/2018.1.21追記】

カウンター